自己破産時の取り立てへの対応

どのような所から借り入れをしているかによって事情は変わってきますが、闇金のような悪質な所に手を出して借金返済をしていると、自己破産をする時にトラブルになる可能性があります。

闇金の中には、かなり執拗に借金返済のための取り立てをして、債務者を精神的に追い詰めるケースもあります。 しかし、自己破産の手続きを依頼して、弁護士が受任通知を出すと、法律上それ以上債務者に対して借金返済の取り立てができなくなります。 自己破産のメリットとして、厳しい借金の取立てから解放されることは、よく紹介されています。

しかし、ここで注意したいのは、それでも借金返済の取り立てをしてくるケースもある点です。 まず自己破産の手続きに入ってから、何らかの事情で申立てまでに時間がかかってしまうケースがあります。 その場合に、受任通知が届くまでの間、無理な借金の取り立てをしてくるケースもあります。 債権者側の事情で見てみると、借金の返済がなされていない、しかも法的な手続きを行っていない状況だと、会社内部の処理ができなくなるからです。

さらに問題になるのは、受任通知を受け取った後も借金の取り立てをしてくるケースです。 闇金業者の中に見られることですが、もともと違法な取り立てをしていることが多いので、受任通知を受け取った後も借金返済の取り立てをすることに関して躊躇がないわけです。

特に貸金業者として登録していない業者の中で、受任通知無視で借金返済のための取り立てを行うケースが多いです。 しかし、これは明らかに違法なので、きちんと警告をすべきです。 中には闇金業者に対して強く言えないという人もいるでしょうから、その場合には弁護士に借金返済の相談をして対処してもらうようにお願いしましょう。

それでも借金の取り立てがやまないというのであれば、警察に言うべきです。 警察に言えば、そのような違法な取り立てをしている業者を排除する、もしくは逮捕することも可能です。

借金整理をする際は法律事務所のサポートを受けよう

電卓とお金

自己破産の手続きに関してですが、理論上は弁護士などを使わなくても自分で手続きを進めることは可能です。

そもそも自己破産をするくらいですから、借金返済でお金に困っている人が多いです。 このため、弁護士にお金を渡せないので自分でやろうとする人もいます。 しかし、専門家に依頼せずに手続きをしていることが分かると、債権者の中には今まで以上に厳しい借金返済のための取り立てをしてくる業者もあるようです。

弁護士事務所の中には、分割払いなど支払いをしやすくしている所もあります。 自己破産の手続きは決して自分で行うのではなく、借金整理の専門家に依頼すべきです。

弁護士事務所を選ぶ際の注意点は、必ず債務整理専門で仕事を請け負っている所に借金返済問題を解決するための仕事を依頼するという事です。 弁護士は訴訟の手続きや弁護人業務を行うことができますが、借金返済関連ではなく例えば、交通事故や離婚訴訟などを専門にしている先生もいるからです。 借金問題を普段扱っていない先生に債務整理の仕事を依頼しても良い仕事を行ってくれる可能性は低いです。 そのため、法律事務所を選ぶ際には、しっかりとその法律事務所の公式WEBサイトをチェックしましょう。 普段どのような案件を取り扱っているのかが分かります。 また、借金返済の無料相談を受け付けていることも多いので、どのような法律事務所なのかを確認する意味でもその無料相談に申し込んでみると良いでしょう。